ノア 値引き

ノアの値引き

トヨタノアの値引き額詳細

ノアの車体価格値引き限界額 ノアのオプション値引き限界額
15~24万円 4~6万円

 

ノアの合計限界値引き額:30万円

 

ノア値引きの必須条件

ノアの値引き交渉を行うためには、まずしっかりとした準備が必要となります。ノアをできるだけ低コストで購入するために絶対必須のことなので、ぜひ読んでください。

 

ノアを購入するとなれば、必然的に今まで乗っていた車は手放すことになります。そのとき、ほとんどの人が「下取り」を選択しているのが現状です。

 

「何を当たり前のことを」

 

と思うかもしれませんが、実はディーラー下取りには大きな問題があります。

 

下取り価格は安すぎる

 

「ディーラー下取りは買取相場と一緒」

 

こんなイメージがあるかもしれませんが、全然違います。実際には、下取り価格は買取相場よりもずっと安く、平均で30万円ほど低いと言われています。

 

理由は簡単で、ディーラーは独自の販売ルートを持っていないのです。中古車買取店は中古車を買い取るのが仕事なので、地元の販売網や海外への販売ルートなど、独自のルートをたくさん持っており、下取りよりもずっと高い価格で買い取ることができるのです。

 

もしノア値引きが上手くいっても、下取り価格が相場より何十万も安かったら合算では大損してしまうことになります。

買取相場を知らないとカモにされる

 

すでに書いたように、多くのドライバーは愛車の買取相場は調べていません。そのことはディーラーもよく熟知しており、ノアの値引き商談時に利用してくることがあります。

 

 

もうノアの値引きは無理です…。でも、下取り価格アップは可能です!普段なら10万円で買い取っていますが、出血大サービスで20万円で買い取ります!


↑のセールストークが一例です。こんな風に言われたら、得したな~と思いませんか?もしかしたら、これが決め手になって契約してしまう恐れがあります。「ノアの値引きは大したことないけど、下取り価格がアップするなら買っちゃおうかな~」と思ってしまうかもしれません。

 

でも、実際は大損です。

 

先ほど書いたように、下取り価格は買取相場より平均30万円ほど低くなります。つまり、10万円くらい下取り価格を上げたところで、ディーラーとしては痛くもかゆくもないのです。

 

このように、愛車の買取相場を知らないと、ノアの値引き商談が圧倒的に不利になってしまうのです。

 

買取相場を把握しておこう

ディーラー下取りを利用する場合は、いくらノアを値引きしたとしても、合算ではマイナスになってしまいます。そもそも、買取相場を把握しておかないと、セールスマンのトークに対抗できなくなるので、ノア値引き交渉のスタートラインに立つこともできません。

 

なので、ノア値引き交渉する前に、まずは今乗っている車の買取相場価格を知っておくことが最も重要なのです。

 

愛車の買取最高額を知る方法はたった1つ。それは、いくつかの買取店での「一括査定」方式です。

 

中古車買取業者は多くの販売ルートを持っているので、ディーラー下取りよりもずっと高い価格で買い取れます。しかも、そういった業者が一括査定することにより、オークションのような形になり、買取金額がグッと高騰するのです。

 

中古車買取店は買い取らないと仕事にならないので、とにかく必死で買い取ろうと値段を上げてきます。知っている人は知っていますが、買取合戦は本当に戦争のような状態なのです。なので、下取りよりも平均で30万円ほど高い価格がつくというわけです。

 

一括査定形式の買取は、専用の車査定サービスを使うことで利用できます。

おすすめの一括査定サイト

かんたん車査定ガイド

車査定サイトは複数あるのですが、そのなかでオススメなのが「かんたん車査定ガイド」です。入力項目が少ないので30秒程度で査定が完了できます。
大手の業者が大量に参加しており、最大10社の一括査定が受けられるので、高額査定が出やすいのが特徴です。

 

しかも、なんといっても魅力なのが、その場で買取相場価格がわかる点です。

 

 

↑が一例ですが、買取査定を完了すると、愛車の買取相場価格がすぐに表示されるのです。これは他の一括査定サイトにはない、唯一の機能です。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちらです。
http://a-satei.com/

 

もっと買取価格を高騰させたいときは、他の一括査定サイトでも査定をするといいでしょう。その分、多くの中古車買取店から査定を受けることができるようになり、高額査定の可能性がアップします。

 

 

カーセンサー

 

雑誌で有名なカーセンサーが運営している一括査定サイトです。最大30社から査定を受けることができるため、高額査定が出やすくなっています。入力項目は若干多めですがそれでも数分で終了します。

 

公式サイト
http://www.carsensor.net/

 

ズバット車買取比較

 

全国150社もの中古車買取店が参加しているので、その地域や車種に合った最適な中古車買取店から一括査定を受けることができます。最大10社から査定を受けられるので、買取価格が高騰する可能性も高いです。

 

公式サイト
http://www.zba.jp/

 

ノア値引きのポイントは?

ネッツとカローラを戦わせる

 

ノアはカローラ店のみでの取り扱いです。なのでトヨタ同士の競合はしにくい印象がありますが、トヨタカローラ●●の「●●」の部分が違えば資本が異なります。資本が違うと平気で客の奪い合いをするので、相見積もりができるのです。例えば「トヨタ東京カローラ」と「トヨタ西東京カローラ」は別々の会社なのです。そのため、競合させることができます。

 

トヨタカローラは県ごとに資本が異なる傾向が強いので、県をまたがる越境交渉も有効です。

 

「わざわざ遠くから来たんだし、なんとかノアを値引きしてくれないかなぁ」と言って、プレッシャーをかけていくわけです。

 

また、ヴォクシーがネッツ店での扱いなので、ノアのカローラ店との相見積もりによる値引きがしやすいという特徴があります。ノアとヴォクシーは姉妹車でスペックがほぼ同じなので、競合に持ち込むことができるのです。

 

カローラ店同士の競合を基本とし、さらにとネッツ店(ヴォクシー)の相見積もりを絡ませて値引きを拡大していくのが、ノア値引きの基礎となります。

 

ライバル車との競合も視野に入れる

 

ノアの場合、ほとんどの場合トヨタ同士の競合でしっかり値引きが獲得できます。しかし、トヨタの営業マンとしてもトヨタ同士の戦術には飽き飽きしていることがあるので、そればかりではうまくいかないこともあります。

 

そこで便利なのが、他メーカーのライバル競合の活用です。ノアのライバルといえば、日産のセレナ、ホンダのステップワゴンです。特にステップワゴンはモデルチェンジ後となるため競合相手としてはなかなか適切です。

 

とはいえ、ヴォクシー/ノアはミニバンで一番売れている車種です。なのでトヨタ側も自信を持っており、セレナやステップワゴンを競合させても反応しないこともあります。あくまで値引きの基本はトヨタ同士の競合であり、ライバル車の競合は保険のようなものだと考えていた方がいいでしょう。

 

ガソリンタイプを選ぶのもGOOD

 

ノアの燃費はハイブリッドの場合23.8km/リットルですが、ガソリンエンジン車だと16.0km/リットルに落ちてしまいます。そのため、ハイブリッドの方がお財布にやさしい印象があります。ところが、トータルコストを考慮するとそうでもないのです。

 

ガソリン車ははいぶりっどに比べると30万円ほど車体価格が安いです。この価格差は意外と大きく、走行距離で言うと8万キロ分の差があります。つまり、ハイブリッドはガソリン車と比較して8万キロ多く走行しないとトータルコストが同じにならないのです。もしノアを購入して5万キロくらい走るつもりなら、実際には+8万キロの13万キロ乗らないと差額がペイできないのです。

 

そのため、トータルコストを安く済ませたいならガソリン車を選ぶのもアリなのです。実際、ガソリンエンジンはパワフルな2000ccが搭載されるため、ハイブリッドよりガソリン車のほうが売れているほどです。

 

値引きのしやすさについては、ハイブリッドとガソリンにはほぼ違いがありません。そのため、交渉術を切り替える必要はないです。

 

ノアの値引きは「店長以上」が決裁する!

 

これはノア値引きの上でかなり重要なポイントです。実は、新車値引きは店長以上の決裁でしか引き出せないのです。一般の営業マンには新車の値引きを引き上げる権限がないため、店長以上の人間を商談に引っ張り出さないといけないのです。

 

ここで大切なのが、「よし、店長以上を引っ張り出してやろう!」と意気込まないことです。商談している営業マンがその気にならない限り店長以上の人は出てきませんので、相手の営業マンが商談の席からどっしりと動かずにいるようならさっさと見切りを付けて別のお店に行った方がいいです。いくつか店を回っていると、「ちょっと2、3分お待ちください」といって事務所の奥に消える営業マンに会うことができます。こういう営業マンは一見頼りなさそうに見えますが、実は店長以上の上級職と連絡を取り合っている証拠でもあります。ノアの値引き交渉は、こういった営業マンをいかにして見つけるか、ということがかなり重要なのです。

 

オプション値引きもしっかり取っていく

 

ノアのオプション値引きは、車体値引きとは全く別物です。車体値引きの場合は他の店舗との相見積もりなどが有効ですが、ノアのオプション値引きは相見積もりは通用せず、そのディーラーとの一騎打ちとなります。

 

したがって、たんに「安くしてくれ」といっても聞いてくれません。営業マンの裏をかいてうまくノアの値引き交渉していく必要があり、高いスキルが必要となるのです。

 

一つ有効な戦術をお伝えします。それは、契約寸前に「契約やめようかなぁ」と言う作戦です。

 

ノアの値引き交渉がひととおり終わってさあ契約というタイミングで、「そういえば欲しいオプションがあるんだった!値段上がっちゃうなぁ…」と困ったふりをしてください。すると、営業マンとしては「ここまで来て契約をナシにしたくない!」と思うので、ノアのオプション値引きがしやすくなるのです。

 

また、こちらが何か条件を出して、それが断られたときにオプション値引きを付けてもらう作戦も有効です。例えばガソリン満タン納車が断られたときに、「じゃあ何かオプションつけてよ!」というわけです。

 

なんにせよ、チャンスだ、と思ったタイミングでオプション値引きをつけるようにしていくことを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

 

ノアの値引き交渉では愛車の買取価格を把握しておくことは絶対必須です。もしこれをしないでいると、ノアの値引きは中途半端で、下取り額も低いということになり、二重に損失を受けることになります。

 

事前に愛車の買取価格を調べるだけで、値引き交渉をうまく運び、高く愛車を売ることができるというわけです。

 

 

ノアについて

 

 

ヴォクシーと並んで、5ナンバーのミニバンとして人気なのがノアです。デザイン的にはノアの方がマイルドな見た目でファミリー向けと言えるでしょう。ハイブリッドだと23.8km/リットルとミニバンとしては最高峰の燃費性能を備えており、お財布にやさしいミニバンとなっています。

 

ノアはモデルチェンジ前は値引きしやすい車種でしたが、ハイブリッド化して以来値引きはややしにくくなり、総額26万円程度が値引きの限界値となっています。当然、何もしないでいるとノアは10万円程度の値引きになってしまうので、安く購入するためには作戦が必要となります。

 

ノア値引きの口コミ・体験談など募集中!

 

当サイトでは、ノア値引きに関する口コミ・実例を募集しております。下記フォームから投稿できますので、どしどしご投稿ください。また、ノアの乗り心地や思い出などの投稿も随時募集しております。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。



 
http://www.thenomadics.com/http://www.zjgyjjx.com/http://www.atlesh.com/http://www.quimasoc.com/http://www.danza-tenerife.com/