ノアのシートアレンジは便利&軽快

7人乗りタイプなら数多くのシートアレンジに対応

ノアは室内空間が先代にに比べて広くなっていますが、そのおかげでシートアレンジもかなり多彩になっています。7人乗りであれば2列目は2つなので、ロングスライドなどに対応し、さまざまな用途に便利なシートアレンジができます。

 

>>低床下されて使いやすいノアの室内環境

 

3列目は跳ね上げ方式が採用されており、女性や高齢者でも操作できるよう軽快な操作が可能なように作られています。そのため今までは重たくて動かしにくいイメージのあったシートアレンジですが、女性や高齢者でも気にせずシートアレンジできるようになっているのです。

 

ロングスライド

 

3列目をしまうと、2列目は3列目の部分までロングスライドできるようになります。そのスライド幅は驚異の810mmです。1列目~2列目にかなり広いスペースができるので、荷物を大量に積んでも降ろしやすく、ベビーカーや子ども用自転車を載せても2列目には余裕で座るスペースがあります。運転席側に移動させることもできるので、助手席との距離が近くなり、子供の世話をしやすいというメリットもあります。

 

後席トライアングルモード

 

7人乗りシートの場合、2列目はセパレートされています。そのため、スライド幅を調整することによって2列目シートと3列目シートを3角形に配置することもできます。間に座れば、2列目、3列目に座らせた子供の世話もラクに行うことができます。

 

フラットソファ

 

2列目と3列目は両方ともフルフラットで倒すことができ、平らで広い空間を作り出すことができます。大人も子供も余裕で横になれるスペースができるので、家族や友達と出かけたときの仮眠スペースとして活躍します。

 

ウォークスルー

 

通常ハイブリッドの場合電池の配置によってはシートアレンジに制限が出てくるのですが、ノアの場合はバッテリーはフロントシート下部分に設置されているので、センターコンソールをまたいで2列目にすぐ移動できます。2列目への移動が簡単なので、子供の世話などもしやすいでしょう。当然、ガソリン車の場合はバッテリーそのものがないのでウォークスルーも存分に利用できます。

 

3列目シートへのアクセス

 

ミニバンで問題なのが3列目シートへのアクセスです。いくら多人数が乗れても、3列目の乗り降りがしにくいと使い勝手の悪い車となってしまいます。その点、ノアの7人乗りシートの場合、セパレートとなっているので3列目への移動はしやすいです。また、シートアレンジの操作もレバー操作のみで可能なので、力の弱い子供や高齢者でもかんたんに2列目をスライドでき、3列目へとラクラクアクセスできます。

 

↓ノアの値引きに関する最新情報を掲載しています。ぜひご覧ください↓

関連ページ

ノアのハイブリッドとガソリンエンジンどちらを選ぶ?
ノアのパワーユニットにはハイブリッドとガソリンエンジンの2種類あります。どちらも特徴があるあので、比較して選択するといいでしょう。
低床下されて使いやすいノアの室内環境
ヴォクシーにハイブリッドグレードが追加されて、低燃費性能が取沙汰されていますが、注目点はそこだけではありません。低床化によって乗り降りや室内空間が大きくなったりなどのメリットが生まれ、使い勝手が大幅に上昇しているのです。