ノアの豆知識

低燃費にこだわるならハイブリッド、コストならガソリン車

ノアには複数のグレードがありますが、大きく分けると「ハイブリッド」と「ガソリンエンジン」の2種類に分けることができます。まずはじめにこのいずれかを選択するのですが、まずは2種類のパワーユニットの特徴について学んでおきましょう。

 

まず排気量やパワーについてですが、ハイブリッドは1.8リットル+モーターで、ガソリン車のほうは2リットルのガソリンエンジンとなります。排気量が多いので、パッと見ではガソリン車の方がハイパワーな気がします。実際の数字上でも、ガソリン車は152psなのに対し、ハイブリッドは136psなので、ガソリン車の方がパワフルと言っていいでしょう。ただ、ハイブリッドにはモーターが搭載されており、反応がよいのでエンジンサポートをしっかり果たします。そのため、両方ともそれほど乗り味は変わりません。

 

異なってくるのはボディ、エクステリアや駆動方式です。ハイブリッドは選択肢が少なく、標準ボディ&FFのみとなります。ガソリン車は「Si」で特殊ボディを選べるほか、16インチアルミホイールも追加され、なおかつ3ナンバーとなるためプレミアム感がアップします。また、ガソリン車は4WDの選択もできます。

 

ハイブリッドが標準ボディのみとなっているのは燃費の問題でしょう。特殊エアロは確かにドレスアップになりますが、車重がその分重くなり燃費性能が落ちます。おまけに16インチのホイールも燃費性能の低下を招くことになります。ハイブリッドは低燃費がアピールポイントなので、燃費性能を劣化させるエアロやホイールはいじらないことにしたのでしょう。

 

どっちのパワートレーンを選ぶ?

 

ハイブリッドとガソリン車でもう一つ注目したいのは価格差の部分です。構造が複雑な分、ハイブリッドはガソリン車に比べて30万円程度高くなります。なので、低燃費だからといって安易にハイブリッドを選ぶと、トータルコストでは高くつく可能性があります。

 

十分に走行距離を稼ぎ、長期間利用する場合はハイブリッドのほうがいいですが、数年で乗り換えるつもりならガソリン車の方がコストは低くなるでしょう。

 

とはいえ、ハイブリッドにはコスト以外のメリットもあります。たとえば、燃費性能が高いため、給油回数が少なくて済みます。また、EVモードであればエンジン音がしないため、静音走行が可能です。この部分にメリットを見出すのであれば、多少価格差があってもハイブリッドを選ぶのはアリです。

 

すでに紹介した通り、特殊ボディはガソリン車にしかラインナップされていないので、4WDを選ぶ場合同様、ガソリン車を購入するしかありません。この場合は燃費についてはある程度考えないようにしたほうがいいでしょう。

 

↓ノアの値引きに関する最新情報を掲載しています。ぜひご覧ください↓

関連ページ

低床下されて使いやすいノアの室内環境
ヴォクシーにハイブリッドグレードが追加されて、低燃費性能が取沙汰されていますが、注目点はそこだけではありません。低床化によって乗り降りや室内空間が大きくなったりなどのメリットが生まれ、使い勝手が大幅に上昇しているのです。
ノアのシートアレンジは便利&軽快
ノアのシートレンジはかなり多彩で、いろいろな場面で便利です。