ノアの特徴をレビュー!

高い燃費性能と多彩なシートアレンジが特徴

ヴォクシーの姉妹車でもある「ノア」は、トヨタでもドル箱のボックス型ミニバンとなります。ハイブリッドは1800ccエンジンにモーターを加えた構成となっていますが、ガソリンエンジン車は先代から継承した2000ccエンジンを搭載しており、合わせて2パターンのパワーユニットから選べることになります。

 

ガソリンエンジン車の場合だけ、特殊エアロパーツを装備した「Si」というグレードを選ぶことができ、3ナンバーに格上げすることも可能です(車内の広さは他のグレードと変わりません)。そのため、ヴォクシー・ノアはハイブリッドよりもガソリンエンジンの方が売れ行きがいいという特殊な状況になっています。

 

先代ノアよりもおよそ90mm床が低くなっているので、そのぶん車内の高さが上がっていることから、快適性、乗降性が増しています。さらに、シートレイアウトも多彩になっており、7人乗りタイプなら2列目が80センチほどロングスライドさせることができ、左右のシートをくっつけたり、離すといったさまざまなアレンジができます。8人乗りタイプも動揺に、2列目を前に動かして荷室用量を広く確保することが可能など、その場に合わせたシートレイアウトが簡単に作れます。

 

3列目シートにしても、先代より車体の全長が長くされており、快適性がアップしています。足元が広く、長旅でも疲労感は少ないです。

 

ノアの値引き状況

 

新型として発売されたばかりのころは、当然値引きがかなり締め付けられましたが、今はある程度時間が経過したので値引きは緩まってきています。

 

値引き交渉として最優先で試したいのがトヨタ同士の相見積もりです。異資本ディーラー同士は当然ですが、ヴォクシーやエスクァイアなどの姉妹車との競合も効果大です。

 

その他メーカーのミニバンとの競合も有効です。日産セレナ、ホンダステップワゴンなどのミニバンはトヨタ製のミニバンに売り上げで押されており、値引き幅が広がりやすいので、見積書を用意してトヨタに行けば営業マンのやる気が出るかもしれません。ただ、ライバル車の大幅値引き見積書は逆にトヨタディーラーのやる気をそいでしまうかもしれないので、空気を読んで使うようにしましょう。

 

↓ノアの値引きに関する最新情報を掲載しています。ぜひご覧ください↓