ノアのグレードを比較

ノアのグレードの差を理解しよう

ほとんどの車種には複数のグレードが設定されていますが、ノアもそれは同じ。なので、購入前にノアのグレードを選ばなければいけません。自分の好みに合わせて最適のノアのグレードを選択しましょう。

 

ノアのグレードによって、ハイブリッド・ガソリンエンジンの違い、価格や装備の違いが出てくるので、まずは各グレードの特徴を理解しておきましょう。

 

グレード名 価格 特徴
ハイブリッドX 2,931,429円 ハイブリッド/クルーズコントロール/パワースライドドア
ハイブリッドG 3,054,857円 ハイブリッド/クルーズコントロール/パワースライドドア/快適温熱シート
X“V Package” 2,242,285円~2,478,857円 ガソリンエンジン
2,437,714円~2,674,285円 ガソリンエンジン/パワースライドドア/アイドリングストップ
G 2,643,429円~2,880,000円 ガソリンエンジン/パワースライドドア/アイドリングストップ/クルーズコントロール
Si 2,643,429円~2,868,685円 ガソリンエンジン/パワースライドドア/アイドリングストップ/フロント大型バンパーオレンジ内装

 

ハイブリッドはグレード選びがラク

 

ノアのハイブリッドですが、「ハイブリッドX」と「ハイブリッドG」の2種類のグレードしかないので、グレード選びはかんたんです。駆動方式も2WD限定なので、あとは装備で選んでいけば大丈夫です。

 

ノアのハイブリッドの最廉価グレードは「ハイブリッドX」となります。このグレードでもクルーズコントロールやパワースライドドアなどの高級装備に対応しているので、Xでも大きな問題はありません。

 

ノアのハイブリッドGはXに追加で「温熱シート」「置くだけ充電」などの装備が加わります。とはいえ、全グレードの中でこのグレードだけ300万円以上となるので、手が出しにくいのも事実でしょう。ハイブリッドXとの価格差はおよそ10万円。この価格差を許せるかどうかが分かれ目になります。

 

総合評価としては、ノアのハイブリッドグレードの中では「ハイブリッドX」がベストグレードと言えるでしょう。プレミアム装備を追加したいときに「ハイブリッドG」を選べば問題ありません。

 

ガソリンエンジンの場合、最廉価グレードはあまりよくない

 

ノアのガソリンエンジンタイプの最廉価グレードは「X“V Package”」となります。駆動方式がFF、そして8人乗りの場合は220万円台なので割安に見えます。しかし、実際にはいくつか問題点があります。

 

最初に、アイドリングストップがない点が挙げられるでしょう。そのため燃費性能は14.6km/リットルとなり、ノアの他のグレードより悪いです。当然燃料代がかさんでくるので、短距離ならまだいいですが、数万キロ以上走るとなると他のグレードとのコスト差は広がっていきます。試算によると、ハイブリッドのノアで10万キロ走った場合の燃費の差額は15万円となります。
しかも、一般的に低いグレードほど値引きはしにくいという問題もあります。つまりノアの最廉価モデルは値引き幅が広がりにくいので、その分コスト増となるわけです。しかも低いグレードは中古として売るときに安くなります。総合的に考えると、少し上のグレードを選んでもトータルコストは変わらないかもしれません。

 

確かにノアの購入時の出費は少ないですが、長い目で見ると車体価格の安さは吹き飛ぶ可能性も高いのです。何年もずっと低グレードの車に乗るよりは、始めに少し奮発して最廉価グレードは避けたほうが後悔はしないでしょう。

 

なので、最廉価グレードの「X“V Package”」は「ナシ」です。

 

ガソリンではXがベスト、場合によってはSi

 

ノアの最廉価グレードはトータルコストで考えるとイマイチなのでナシとして、後は「X」「G」「Si」からの選択になります。もしエクステリアにそれほどこだわりがないなら、「X」がベストグレードとなります。クルーズコントロールなどの上級装備は搭載されていませんが、価格が250万円以下となかなかお手頃なほか、アイドリングストップもあって燃費向上につながるので、コスト的にベターな選択と言えます。

 

一方、ノアのSiにはエアロや3ナンバーなどの唯一無二の装備がついているので、外見を重視するなら選んでもいいでしょう。装備はそれほど変わらないのに価格上昇が20万円となかなか大きいので、慎重に選択しましょう。

 

駆動方式や乗車人数はどうする?

 

ノアのガソリンエンジンモデルは、7人乗りと8人乗りの乗車人数選択、そしてFF/4WDの駆動方式選択が必要となります。

 

ノアの乗車人数については、7人乗りのほうが高くつきます。とはいえ価格差は3万円程度で、しかも7人シートのほうがシートアレンジが多彩になります。ノアの車体価格が300万程度なのを考えると誤差といってもいいので、基本的には7人乗りを選んだ方がよいでしょう。もしノアに8人乗せる機会が多い場合に限り、8人乗りを選べば問題ありません。

 

ノアの駆動方式は、価格差が20万円あるので慎重な判断が必要です。ノアの4WDを選ぶと20万円高くなるだけでなく、燃費性能も落ちます。10万キロ以上乗る場合は30万円以上の差額となるので、コストが気になるならFFを選んだ方がいいでしょう。ただ、レジャー用途が多かったり、雪が降ることが多いならコストを考慮しつつノアの4WDを検討するのもアリです。

 

ノアを安く買う方法

 

 

ノアのグレードについて知りたいということは、新車購入を検討中ということだと思います。

 

とはいえ、ノアは220~300万円の価格帯なので、安い車とはいえません。また、値引きがうまくいったとしても20万円くらいですし、交渉に何日もかかるでしょう。

 

そこで押さえておきたいのが、未使用車新古車のノアとなります。

 

未使用ノアであれば、基本的に車体も保証も新車と同じとなり、なおかつ新車よりもずっと格安で購入が可能なのです。

 

ノア Si 2WD/CVT 新車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

2,798,673円

29,100円

2,821,773円

ノア Si  2WD/CVT 未使用車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

2,298,000円

0円

2,298,000円

※差額は53万円!

 

↑の表は一例ですが、ノアのSiの7人乗りの新車と未使用車の価格比較となり、約53万円の差額がありました。単純に車体価格が安いだけでなく、未使用車は新車登録時に重量税・取得税が支払い済みとなるので、そちらの負担もなくなるのです。そのおかげで、53万円もの差が出てくるのです。これは例ではありますが、一般的には35~45万円程度安くなることが多いです。

 

・ノアのハイブリッドだと予算が足りない

 

・特別仕様車が安く買いたい

 

こんなときでも、未使用のノアなら予算内で購入できる可能性が高いです。

 

ノアの未使用車はどこにある?

 

未使用車・新古車と呼ばれるものは中古車店で売られています。ただし、グレードやボディ色が店ごとに違うので、希望通りのノアを探すのはなかなか難しいです。なので、ネットを利用して探すのがオススメです。

 

しかし、ネットで探す場合は1つ注意があります。実は、ネット上の未使用車は基本的に「非公開」なのです。未使用車は全国各地に無数にあるのですが、それらを次々公開していくと新車が売れにくくなってしまうので、数を絞っているのです。なので、例えば「Goo-net」などの中古車検索サービスを使っても、思ったより見つかりません。

 

 

↑はGoo-netで「ノア 未使用」の検索結果ですが、6件しかありませんでした。全国すべてで6件と言うのはありえません。

 

実際にはこの数倍、数十倍の非公開車があるのは間違いありません。

 

なので、ネットを使うと言っても、一般的な検索サービスではなかなか希望のノア未使用車は見つかりにくいのです。非公開車両にも対応したサービスを使うのが鉄則です。

 

おすすめのサービスはこれ!

 

非公開車両を探したい場合は、「なびくる+」がオススメです。非公開車両を含む年間60万台以上の在庫があり、未使用車・新車もたっぷりラインナップされています。

 

 

使い方はかんたんで、↑の画像のように

 

・「年式」 → 今年にする
・「備考欄」 → 「未使用車希望」「予算は○○円」「グレードはSi希望」「ボディカラーは白希望」などの希望条件

 

を記入して申し込めばOKです。あとは条件に合ったノアが提案されるので、好みで選べば大丈夫です。

 

もちろんたまたま希望通りのクルマがないこともありますが、非公開車両から好きな条件の未使用車を探さないのはとてももったいないので、一度は利用してみましょう。

 

なお、なびくる+には中古車のラインナップも多数あります。走行距離1万キロ程度で100万円近く安いノアなども見つかったりするので、中古車も視野にいれておいたほうがいいでしょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
https://a-navikuru.com/sale

 

未使用車が出回るのはなんで?

 

ノアの新車はトヨタディーラーで販売されていますが、ディーラーの販売台数には限界があります。ところが、トヨタ本社はディーラーの事情は気にせずドンドン生産するので、売り切れなかったノアの新車が余ってしまうのです。それが、未使用車として市場に出回ります。

 

新車扱いができないので、ディーラーの価格よりはずっと格安になるのです。

 

新車のノアとの違いは?

 

「未使用車って、中古でしょ?」

 

こんな印象を持っている人が多いですが、実際は未使用車と新車には違いがほとんどありません。

 

まず走行距離についてですが、確かに未使用車は数キロ走行されていますが、それは新車の同じです。新車は完成時の検査で必ず数キロ走るので、数キロの走行距離が発生します。したがって、車体の状態としては未使用車と新車にはほとんど違いがありません。

 

保証面はどうなの?

 

次に気になるのが保証面だと思いますが、こちらも心配はありません。

 

国産車は新車登録から3年間のメーカー保証がつくことになっています。なので、ノアの未使用車を購入したら、近所のトヨタディーラーにいって手続きすれば、新車同様のメーカー保証が受けられます。

 

デメリットがあるんでしょ?

 

もちろんデメリットモ存在します。

 

まず、未使用車は完成品ですので、グレード・ボディーカラーなどの変更はできません。また、メーカーオプションも追加NGとなります。※ディーラーオプションは後から追加できます。

 

したがって、未使用のノアを探す場合は、希望するグレード・ボディカラーがあらかじめ設定されたノアを探すのが鉄則です。

 

また、メーカーオプションについても、あらかじめついているクルマを選ぶ必要があります。

 

ノアは220~300万円となり、安くはない買い物です。そして人気もあるので値引き交渉も難易度が高いです。であれば、最初から格安で、保証も新車同様の未使用車を購入するのはアリでしょう。

 

ただし、希望通りのノア未使用車があるとは限りません。なのでできるだけ早く依頼をしておくことがポイントです。そうすれば、もし好みのノアがなくても、入荷次第ご連絡、ということが可能になります。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
https://a-navikuru.com/sale