ノアとライバル車を比較

ノアの値引きのためにはライバルの知識が必要

ノアはトヨタの車となります。なので、値引きの基本戦術はトヨタの異資本ディーラー同士から相見積もりを取る「同士競合戦術」となります。要するに、ノア同士を競合させていくということです。

 

しかし、同士競合は使い古された戦術なので、ディーラー側が警戒していることもあります。

 

そういうときに利用できるのがライバル車競合となります。毎日毎日、ノア同士を散々相見積もりされて営業マンもゲンナリしているかもしれないので、そんなときに交渉に刺激をもたらす役割があり、商談をうまく進めることができるかもしれませんので、しっかり押さえておきましょう。

 

姉妹車について熟知する

 

ノア値引きの鉄則の一つが「ヴォクシー」「エスクァイア」の2車種の姉妹車との競合です。この2車種は価格帯とスペックが良く似ている(ヴォクシーについてはほぼ同じ)なので、「ヴォクシーにしようかなあ」「エスクァイアの値引きができそう」等の事を言ってプレッシャーをかけていくと値引き率が上がっていきます。

 

注意点としては、「ノアの方が好き」というアピールはあまり効果がないことです。ヴォクシー/エスクァイアと価格やスペックが似ているので、単純に値引き合戦に持ち込んだほうが効果は大きいです。「ヴォクシーがA店だと在庫が余っているらしく、安くなるみたい」などといってアピールしていくのがいいでしょう。

 

あと、エスクァイアの場合は新型という点を利用するといいでしょう。ノアと価格帯や装備はそれほど変わりませんが、新型のぶんだけ「新しいもの好き」という戦術が効果を発揮します。「B店でエスクァイアをチェックしてきた」と言えばそれだけで圧力になります。

 

ノアのライバル車競合は、まずトヨタのミニバン同士(ヴォクシー/エスクァイア)の競合を狙っていきましょう。ここに異資本ディーラーのノア同士の競合を絡めるとさらに効果的です。

 

なお、同じトヨタのミニバンのアルファード/ヴェルファイアとの競合はおすすめしません。価格帯が違うので、相手にしてもらえないでしょう。交渉を混乱させるだけなので、話題に出さないほうがいいでしょう。

 

他社メーカーのライバルって何?

 

他社メーカーのミニバンもノアのライバルになります。筆頭は日産の「セレナ」です。価格帯もそっくりで、わざとノア/ヴォクシーと対抗しているのかと思うほど共通点が多いです。

 

しかし、セレナはモデルチェンジがうまくいっておらず、売れ行きが伸びずに大幅値引きを乱発している状態です。場合によっては60万円以上の値引きがされるケースもあるほどです。セレナ市場は大荒れ状態なのです。

 

したがって、セレナの見積書を用意しても、「ノアはそこまでの値引きはできません」と言われて白旗を上げられることが考えられます。

 

なので、主要な交渉カードとしてはイマイチです。ノアの値引き交渉が進んだときに、もう少し値引きさせたいときの材料と考えればいいでしょう。

 

今はむしろステップワゴンとの競合がおすすめです。ステップワゴンはモデルチェンジしたばかりで値引き幅が小さく、ノアとの競合相手に適しています。

 

ライバル車の値引きを含めた総合情報は以下のサイトが詳しいので、一度見ておくことをおすすめします。

 

エスクァイア:http://www.esquire-nebiki.com/

 

↓ノアの値引きに関する最新情報を掲載しています。ぜひご覧ください↓